交通事故で病院を変更するために必要な手続きは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

京阪 萱島駅から徒歩13分
交通事故治療に強いサンテ鍼灸整骨院です。

交通事故の治療は保険(自賠責保険)で行うのが通常ですので、病院を変更する場合は転院先で保険が使えるかどうかはとても重要なポイントです。保険会社はそのあたりの事情に詳しいので教えてくれると思います。

ただ、転院できればそれで良いというわけにはいきません。治療費等の支払いを受けるのは治療終了後ですので、転院後も転院前と同じく交通事故による怪我のために治療をしていたという証明がなければ、補償額が減る可能性があります。

そうならないために大切なのが、転院元の主治医に紹介状を書いてもらうことです。紹介状があれば、転院先の病院でもある程度は事故当時からの症状や経過を知ることができますので、万が一、通院を続けても後遺障害が残ってしまった場合に後遺障害診断書を書いてもらいやすくなります。

病院変更の手続きとしては診断書は必須ではありませんが、必ず書いてもらうようお願いをすることをお勧めします。病院の方針や、主治医が交通事故に詳しくない場合など、書いてくれないこともありますが、その場合は保険会社に転院理由と転院先を連絡すれば患者様の意思で病院を変更することができます。医療機関に対して必要な手続きは保険会社が行いますので、患者様が最低限やらなければならないことは、保険会社に連絡を入れることだけです。

サンテ鍼灸整骨院は患者様の一日も早い回復を全力でサポート致しますので、病院変更をお考えの際はぜひお気軽にご相談ください。保険会社との連絡や主治医への相談をどのように切り出せばよいか、具体的なアドバイスをさせていただきます。

交通事故治療なら守口市大久保町のサンテ鍼灸整骨院にお任せください。

LINEで送る
Share on Facebook
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*