交通事故で整骨院にも通っていますが保険会社から治療費打ち切りを言われています

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

京阪 萱島駅から徒歩13分
交通事故治療に強いサンテ鍼灸整骨院です。

交通事故治療で保険会社が治療の終了を促すのはもちろん保険金の支払い額を抑えるためです。症状が治っているかどうかは別の問題ですので、患者様は「まだ症状が残っているから通院を続けたいのに治療費を打ち切られては困る」というお悩みを抱えてしまいます。

このお悩みを解決して、治るまで治療を受けられるようにするには、いつ治るのかがわからずハラハラしている保険会社に対して、医師のお墨付きを与えることが有効です。事故直後に保険会社に提出する診断書には、見込みの治療期間が記載されています。保険会社は診断書に記載された期間と、過去の事例をもとに治療費の支払い期間を想定しますが、それを超えて治療が必要だという医師の保証があれば、支払いを打ち切らずに継続できる可能性が生まれます。

すると次に問題になるのが、どうやって医師に治療継続の必要性を認めてもらえるかということです。医師には保険会社からも治療終了の打診が入りますので、医師によっては「もう終わりにしましょう」と言ってくることがあります。サンテ鍼灸整骨院にお任せいただければ、患者様が治療を継続できるよう、保険会社から医師に取り次いでもらえるよう調整を図り、どうしても無理な場合は健康保険が使えるように手続きをアドバイスさせていただきます。

交通事故治療なら守口市大久保町のサンテ鍼灸整骨院にお任せください。

LINEで送る
Share on Facebook
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*