交通事故で通院打ち切りを言われたので後遺障害の手続きをしたいのですが

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

京阪 萱島駅から徒歩13分
交通事故治療に強いサンテ鍼灸整骨院です。

交通事故の怪我は適切な治療方針をとらなければ通院期間が長引いて保険会社や病院から治療の早期打ち切りを言われることがあります。多くの場合、通院が打ち切りになっても症状が治ったわけではなく、あとは自宅療養していれば自然に治るというわけでもありません。治療を続ければまだ回復の見込みがあるかどうかを医師に確認して、見込みがあるのなら別の医療機関転院して治すことも視野に入れたほうがよいでしょう。

もし本当に治療を継続しても機能障害が残ると医師が判断した場合は、治療を終了(症状固定)して、後遺障害の認定手続きに入るのが通常です。多くの交通事故患者様が後遺障害認定手続きで悩まれます。ただ単に書類を提出すれば認定されるほど簡単なものではないからです。後遺障害の手続きを考えておられる場合は、交通事故に詳しい専門家の助言を得たほうが認定されやすくなります。サンテ鍼灸整骨院は交通事故の賠償問題に詳しい弁護士との強いパイプがありますので、後遺障害診断書の内容に不備がないかチェックさせていただくことも可能です。

交通事故治療なら守口市大久保町のサンテ鍼灸整骨院にお任せください。

LINEで送る
Share on Facebook
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*