ストレートネックの症状・原因・治療/サンテ鍼灸整骨院

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ストレートネックって何?

ストレートネックとは首の骨の配列が一直線になる事です。

頚椎は7個ありますが、生理的弯曲といって前方にカーブを描いています。

その弯曲が消失することのよって次のような症状が現れます。

・首こり

肩こり

・手のシビレ

頭痛

・めまい

・吐き気

・耳鳴り

・運動制限  etc

 

ストレートネックの原因

頚椎は生理的弯曲により頭を支えるクッションの役割を筋肉と一緒に

行ってくれています。このクッションが消失した状態が長く続く事に

より筋肉が緊張し肩こりなどを引き起こします。更に、骨と骨の間から

出てくる神経も圧迫され神経痛やしびれを引き起こしたりします。

ストレートネックの方が交通事故で後方からの衝突を起こされた方は重症に

移行する方もおられます。放っておくと後遺症も引き起こす原因になります。

ストレートネックの原因1   姿勢の問題

ストレートネックの原因として姿勢の問題があります。骨盤周囲の筋肉が衰えたり、

座っている状態が長時間続くと姿勢が保てない為に猫背になり脊柱の生理的弯曲が

崩れてしまいます。猫背になると頭部が前方に傾き、倒れすぎないように頸や背中を

覆っている筋肉が縮み長期間続くと筋肉が疲労を起こし血流が悪くなり肩こり症状

などを引き起こします。

 

ストレートネックの原因2  使い過ぎ・使い方の間違い

パソコンやスマートフォンなどの小さい画面を見て細かい作業を続けると、頭や首・肩・背中・

腕を固定した状態が続くので筋肉が過緊張を強いられてしまい固くなります。特に首の前方の

筋肉が硬くなり縮んだ状態により生理的弯曲が失われてしまうと、ストレートネックもなかなか

治りません。そして、ストレートネックとは逆で、顎が前に出て頚椎の弯曲が更に強くなると重症

で、胸郭出口症候群に似た、腕のシビレ・脱力感、手のシビレ・脱力感を生じることもあります。

 

ストレートネックの原因3  頚椎の変形

原因の1・2の状態が長く続くと、頭を支えている頚椎に負担がかかり、頚椎同士をつないでくれ

ている椎間板が悲鳴を上げ変形に繋がっていきます。変形を起こすと必ずではないのですが、

肩こり・首痛だけでなく背中の痛みや腕のシビレ・痛み、力が入りにくいというような症状が現れ

てきたり、変形により頚椎症性脊髄症を発症させてしまうと下肢運動障害(下半身の障害)、

膀胱直腸障害を引き起こしたりします。

 

ストレートネックの治療

ストレートネックは病気ではありませんから保存的治療となります。症状が強く出現している

場合は手術になる可能性もあります。

主な治療は首・肩・背中の筋肉の硬さをマッサージや鍼治療で取り除き、矯正により猫背を

改善させるのが最も効果的です。

 

大阪府守口市のサンテ鍼灸整骨院では徹底した原因究明と適切な治療で多くの患者様に

信頼されていると確信しています。

〒570-0012 大阪府守口市大久保町5丁目17-1 サンテ鍼灸整骨院 06-6900-4115

 

 
   
LINEで送る
Share on Facebook
Pocket

No tags for this post.

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*