五十肩

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

五十肩は肩の関節を構成する筋肉・腱・関節包などに炎症や癒着が

起こるもので“肩関節周囲炎”と呼ばれます。

 

肩を動かすと痛みがあるといった症状から、ひどくなると夜中眠れない

くらいの痛みが続いたり、痛みが治まっても肩を動かしにくくなることが

多いです。

 

40代~50代の方に多く、髪の毛を結ぶにも肩が上げられなかったり、

後ろに手を回せなくなったりします。

比較的に女性に多いことも特徴のひとつです。

 

 

五十肩は症状によって“炎症期” “拘縮期” “回復期”の3つの

ステージに分けられていて、ステージによって治療も異なってきます。

 

炎症期:炎症が起きている状態で安静時にも激しい痛みがあるので

冷やして安静にしていてください。

拘縮期:痛みは軽減しますが、肩の関節が固まっている状態なので

温めるようにしてください。

回復期:動かしても痛みはありませんが動かせる範囲は狭くなって

いますので痛くない範囲から少しずつストレッチ・体操を行ってください。

 

 

放っておくと治ると聞くこともありますが、それは一時的に痛みがひいて

いるだけで原因を取っているわけではありませんので再発の可能性が

高くなります。

また、症状が慢性化すると、肩関節を構成する筋肉が硬くなり、

長期間痛みに悩まされたり、治りも悪くなってしまいます。

日ごろから肩の運動だけでなく、適度な全身運動を行うように心がけてください。

 

症状が出た場合も、痛みを我慢せずに早めに治療することをオススメします。

特に、炎症期のマッサージや肩の運動は逆効果で鍼の治療が効果的です。

 

“40代~50代で明らかな原因がないけど肩に痛みと運動制限がある”

という方は一度守口市のサンテ鍼灸整骨院までご相談ください。

LINEで送る
Share on Facebook
Pocket

No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*