猫背でお悩みの方は守口市のサンテ鍼灸整骨院へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

猫背とは文字の通り、

猫のように背中が丸くなっている

状態をいいますが、実は

骨盤がしっかりと立っていなかったり、

首が前に出ている姿勢

猫背といわれるのです。

 

壁に背中を合わせたときに

背中おしりがしっかりつきますか?

一度チェックしてみてください。

あなたも隠れ猫背かもしれません。

 

普段の仕事でもデスクワークが多く、

同じ姿勢になることが多いため

筋肉が硬くなります。

 

 

そのため筋肉が十分に力を

発揮できなくなってしまいます。

 

また、便利な道具や機械が増えたために

体を使うことが減り、

筋力が衰えて支える力が弱くなるので

猫背になりやすくなるのです。

 

もともと背骨は生理的に前屈しているため

猫背になりやすいのですが、

そういった生活習慣が

さらになりやすくする原因となるのです。

 

最近では、

外で遊ぶことが少なくなって

ゲームをすることが多いので

小学生にも多く見られます。

 

 

 

では、なぜ猫背はよくない

といわれているのでしょうか?

 

背中が丸くなると首が前に出るため、

首を支えようとして筋肉が硬くなります。

そのため血流が悪くなり

肩こり頭痛といった症状が出るのです。

 

骨盤がしっかりと立っていない場合では、

内臓があるべき場所から

下がってしまうために

内臓の動きが悪くなり

機能が落ちてしまいます。

 

猫背がよくないといわれるのは

そういった理由があるのです。

 

守口市のサンテ鍼灸整骨院では、

ブロック矯正といった無痛の矯正を行い、

骨盤を整えることで姿勢を正す治療を

行っています。

 

お悩みの方は一度ご相談ください。

 

LINEで送る
Share on Facebook
Pocket

No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*