交通事故の際に、よく出てくる症状について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

交通事故にあった時には

様々な症状が起こります。

 

運が良ければ、擦り傷ぐらいで

済むこともあるでしょうが、

多くの場合で何かしらの症状が

出ると考えて良いでしょう。

「交通事故」の画像検索結果

 

ここでは交通事故によって出る

代表的な症状を考えてみます。

 

最もよく出る症状として

知られているのが、むち打ちですね。

 

むち打ち症とは頚部に起こる

痛みなどが代表的な症状なのですが、

非常に個人差が大きく症状の出方も

また大きな違いがあります。

「交通事故」の画像検索結果

 

肩こりがあるかなといった程度の軽症から、

首を全く動かせなくなるほどの

重症まで様々です。

 

また症状が出る時期についても幅広く、

事故直後から出るケースもあれば、

半年ほど経過してから

症状が出ることもあります。

 

 

 

次に多いのが腰痛ですね。

腰痛に関しても、症状の出方は様々です。

 

立つことができないくらいの

痛みが出るといったこともありますし、

腰に疲労感を感じる程度のこともあります。

 

また、腰に強い衝撃を受けた時などは、

椎間板ヘルニアなどを起こすこともあるようです。

 

他にも多くある症状としては、めまいや耳鳴り、

身体のだるさのようなケースですね。

「耳鳴り」の画像検索結果

 

これらの症状はいわゆ不快症状であり、

一見すると交通事故が

原因とは考えにくいものだと言えます。

 

日常的に起こりうる症状と言ってもよく、

なかなか判別がつきにくいのですが、

交通事故が原因となって

起こることもあるようです。

 

ですので、素人判断でこれらの症状を

日常の不快症状だとは

決めつけてしまわずに施術時にあわせて

相談するようにしてもらえると良いでしょう。

 

 

 

何かお困りの事があれば、

守口市のサンテ鍼灸整骨院にご相談ください。

LINEで送る
Share on Facebook
Pocket

No tags for this post.

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*