示談お断り/守口市サンテ鍼灸整骨院

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

交通事故の現場で

損害賠償についての話を

してはいけません。

 

 

 

軽い事故なら賠償額も

ある程度で済みますが、

大きい事故になればなるほど

賠償額も大きくなり、

過失の割合によっても

大きく変わってきますので、

示談で済まさずに

必ず保険会社を介して

決めるようにしてください。

 

 

 

示談が一度成立すると、

後遺障害などが出た場合に

やり直したりすることが

非常に困難となってしまうので、

加害者であっても

被害者であっても

示談は避けるようにしてください。

 

 

「示談 イラスト」の画像検索結果

 

 

 

 

また、

加害者になってしまい、

相手に

「事故の責任はすべて私にあり、

全額賠償します。」などの

念書の作成を要求された場合、

100%自分が悪いと思っても

必ず断るようにしてください。

 

 

 

もし念書を承諾してしまうと、

たとえ保険会社が

相手にも過失がある

と判断しても

加害者がすべて負担することに

なりかねません。

 

「示談 イラスト」の画像検索結果

 

 

 

 

さらに、

こちらがあまりに下手に出ると、

そこにつけこみ

自分が有利になるようにしよう

とする人もいますので

被害者となった際に、

自分にも非があると感じても

「とりあえず謝っておこう」

という考え方は

避けたほうがよいです。

 

「謝る イラスト」の画像検索結果

 

 

 

 

 

 

 

交通事故について

何かお困りの事がありましたら

守口市のサンテ鍼灸整骨院まで

ご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る
Share on Facebook
Pocket

No tags for this post.

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*