消極損害/守口市サンテ鍼灸整骨院

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

 

消極損害とは

交通事故にあわなければ

将来得ていたであろう

と考えられる利益の損害

 

 

 

 

 

人身事故の場合

被害者が死亡または後遺症

残ってしまった場合は、

死亡または症状固定

と診断されるまでが休業損害で、

診断後は逸失利益とされます。

 

 

医師の診断書被害者の収入を

証明するものが必要になります。

 

 

 

 

 

休業損害

治療のために

休業した期間の収入分の損害

(就職先が内定していた学生・失業者も

休業損害が認められる場合がある)

 

 

 

「交通事故 イラスト」の画像検索結果

 

 

 

後遺症による逸失利益

労働能力の低下により

収入が減少してしまった分の損害

 

「松葉杖 イラスト」の画像検索結果

 

 

死亡による逸失損害

死亡した被害者が

将来得たであろう収入分の損害

 

 

 

 

物損事故の場合

物損事故の消極損害は逸失利益はなく

休業損害のみになります。

そのなかで休車損害と営業損害に分けられます。

 

「車損害 イラスト」の画像検索結果

 

 

休車損害

運送会社の車両やタクシーなどが

破損により休業している間に

見込まれる収入分の損害

(利益の減少が無い場合は認められない)

 

 

営業損害

店舗などが破損により

休業したために生じた損害

(破損した物件の種類、

修理期間、営業規模、

営業内容なども加味される)

 

 

 

交通事故について

お困りの事がありましたら

守口市サンテ鍼灸整骨院まで

ご相談ください。

 

 

 

 

LINEで送る
Share on Facebook
Pocket

No tags for this post.

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*