逸失利益/守口市サンテ鍼灸整骨院

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

逸失利益とは

交通事故にあわなければ

得ていたであろう収入です。

 

 

 

後遺障害により

労働能力が低下したと認められれば、

減収分を請求することが出来ます。

 

 

「逸失利益」の画像検索結果

 

 

認定の基準は、

旧労働省労働基準監督局の通牒による

労働能力喪失率が参考にされており、

被害者の職業年齢性別

後遺障害の部位・程度

事故前後の稼働状況

生活状況などから判断されます。

 

 

 

逸失利益の考え方は2つあり、

1つ目は「差額説」で、

事故前後の収入の差を逸失利益とし、

減収がなければ認められない

という考え方です。

 

 

 

2つ目は「労働能力喪失説」という、

後遺障害により労働能力が喪失・低下した

という事実を損害と認める考え方です。

 

 

事故にあう前にどれだけの収入があったのか、

具体的に証明することが重要となります。

 

 

 

「交通事故」の画像検索結果

 

 

交通事故について

お困りの事がありましたら

守口市サンテ鍼灸整骨院まで

ご相談ください。

 

 

 

LINEで送る
Share on Facebook
Pocket

No tags for this post.

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*