過失相殺/守口市サンテ鍼灸整骨院

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

過失相殺とは、

損害賠償額を決定するのに

加害者だけでなく

被害者側の過失の程度も考慮して

賠償額を減額することです。

 

 

 

 

交通事故の原因を探ってみると

加害者が100%悪いというケースはごく稀

加害者だけでなく被害者にも

過失があることがほとんどですので

公平に責任をとるべきであるという

考え方に基づいています。

 

 

 

 

自賠責保険は被害者を保護するものですので

過失相殺が適用になるのは主に任意保険の場合です。

 

 

 

 

過失割合の判定は簡単に計れるものではありませんが

基準がバラバラでは困りますので

過去の事故の裁判を参考に

ある程度の基準が決められています。

 

 

   「弁護士 イラスト」の画像検索結果

 

 

歩行者と四輪者の事故、四輪者同士の事故であったり

事故の起きた時間、場所、年齢などを考慮して

算定されます

 

 

 

「交通事故 イラスト」の画像検索結果

 

 

 

 

交通事故について

お困りの事がありましたら

守口市サンテ鍼灸整骨院まで

ご相談ください。

 

 

 

 

LINEで送る
Share on Facebook
Pocket

No tags for this post.

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*